Blog | ブログ

キプロス
コラム

世界最古の猫の埋葬は猫の楽園キプロス島から発見された!?世界最古の猫の埋葬の歴史

 

はじめに

皆様は「猫」という生き物をどこまでご存知でしょうか?

猫と言えば穀物などを食い荒らすネズミを駆除するために古代から人に飼育されていた動物だと言われております。
その起源については謎が多く、いつから穀物などを食い荒らすネズミを駆除することを目的として人に飼われ始めたのか、またそのルーツなどについては謎が多くミステリアスな生き物だと言われることもあります。

また、猫は穀物などの食料を守る大切な動物だとされ古代エジプトでは守護の力を持つとされており、エジプトの神であるバステトのモデルにもされ信仰を集めるような存在ともされていました。
このような存在であった猫は古代から様々な地方で重宝され、ある意味では宗教的な象徴として大切にされていた形跡が各地で発見されております。

また、日本でも同様に以前は穀物を守る存在そして重宝されてきたとされております。
ただし、日本の場合にはそのルーツは明らかとなっていない部分が多く、いつから猫が日本に存在するのか、また穀物を守る存在として以前は大切にされていたとされているが実際のところは書物などの記載がないため明らかとなっていない部分が多くございます。
そんな日本で猫という生き物が書物に記載され、猫が猫として歴史に登場したのが平安時代に入ってからとなります。
ですので、800年代頃から日本では猫が猫として歴史に登場するとされております。
また、文献に存在しないが猫がいた形跡が発見されているのが縄文時代となります。
この時代に作られた土器の一部から猫らしき生き物の足跡が見つかっていることが、現在日本で確認されている日本最古の猫の形跡となります。

そう考えますと猫という生き物はまだ新しい存在であるのでは?と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、猫という存在が人と共に暮らしていた形跡は世界を見るとなんと約9500年前まで遡ることができます。

それが現在世界最古の猫の埋葬と言われている

キプロス島にあるシロウロカンボス遺跡から発見された幼いヤマネコの埋葬跡

となります。

今回は、そんな

世界最古の猫の埋葬

について詳しくご紹介させて頂こうと思います。
また、猫の埋葬と言えば日本でも少し前までは多くの飼い主様が行っていた習慣となるかと思いますが、現代の社会情勢と猫の埋葬についても合わせてご紹介させて頂こうと思います。

 

キプロス

 

キプロス島とは?

まずはじめに、世界最古の猫の埋葬跡が発見された

キプロス島

と言った島がどのような島であるかご存知ではない方の方が多いかと思いますので、まずはキプロス島についてご紹介させて頂こうと思います。

 

キプロス島とは
トルコの南にある東地中海の上の辺りに位置する島であり、その大半部分はキプロス共和国という共和制国家であるとされております。

また、このキプロス共和国はイギリス連邦に加盟をしている国家となります。

その他の部分につきましてはイギリス海外領土となっており、こちらは共和国ではありません。

さらには、トルコ共和国の実が承認をしている北キプロス・トルコ共和国など、小さな島の中で様々な国の事情が絡み合う少し難しい国となっております。

そして、キプロス共和国の公用語はギリシア語やトルコ語とされております。

また、こうした背景にはキプロスは元々ギリシア系人とトルコ系人が混在する複合民族国家であったことが理由となっております。

ただし、分断後には事実上ギリシア系人による単一民族国家のような状態となっているとされております。

 

以上がキプロス島についての簡単な説明となります。
こうした国家であると、少し訪れることが怖くなる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、キプロス島は訪れた観光客の方が

 

猫の楽園

 

と称する程、猫が伸び伸びと暮らすことが出来るとても良い土地であり、古くから猫を大切にする習慣がキプロス島の各地で見られます。

また「キプロスの猫」と呼ばれる、キプロス島に古くから生息する種類の飼い猫等も存在します。

この種類の猫はキプロス猫やセントヘレン猫・セントニコラス猫としても知られている種類の猫となります。

そんなキプロスの猫ですが飼い猫としてだけではなく、日本でいう「地域猫」に近いし形で島の住民んから愛されてのんびりとお外で暮らしている様子が各地で見られます。
ですので、キプロス島を訪れた多くの方が人懐っこい猫たちとの記念写真などを取っている様子がインターネット上にアップロードされております。
こうした事からキプロス島は猫の楽園などと称されることが多々あります。
また、キプロス島に暮らす猫たちはこうした猫らしい気ままな暮らしをしている事が多く、またその数も島に住む人口よりもはるかに多いとされております。

しかし、こうした状態が必ずしも良いとは限りません。

なぜなら、こうした外でものんびりと暮らすことが出来る=飼いきれなくなったら外に捨てても大丈夫だろう。と言った身勝手な考え方をしてしまう人を生んでしまうからです。
実際、今回のコロナウイルス蔓延によって島がロックダウンをした影響から経済状況が悪くなり、猫を飼えない状態となってしまった人が多くいます。
そして、そうした人が猫を捨ててしまうケースが急増しているそうです。
また、ロックダウンの影響は猫たちにもあり、今まで食料を確保できていたお店等を訪れてもお店がやっていないと言った理由から猫たちが食事にありつけないと言ったことも問題として発生しております。
こうした事から、野良猫は急増しているがその野良猫が食事にありつけない状態が出てきている事や、むやみやたらに人が捨ててしまうことによって去勢手術等がしっかりと行き届かず、さらに野良猫が数を増やしてしまっているという現状がございます。
ですので、人からしたら多くの猫と出会える猫の楽園であるキプロス島ですが、昔から多くの猫と共に暮らしてきたことによって現在このような問題が発生している土地でもあります。
ですが、こうした問題を改善しようとする地元団体や医師団体なども存在し、島全体が一丸となって島にいる猫たちを守ろうとしているとても猫に優しい島であります。
ですので、今後のキプロス島がこうした問題を改善し元の猫と共存出来る良い島になるよう今後の動きがとても重要になるかと思います。

そんなキプロス島ですが、人口を上回るほどの猫が島の中にいると言う程猫が多く存在する土地である事や、キプロス島という島であるにも関わらず猫がいるということは古代人がわざわざ島の外から猫を連れてきたのではないか?など猫にまつわる様々な話がある土地でもあります。
そんなキプロス島ではエジプトよりも古いなんと9500年前の遺跡から

世界最古の猫の埋葬跡

が発見されております。
続きましてそんな世界最古の猫の埋葬跡について詳しくご紹介させて頂こうと思います。

 

ヤマネコ

 

キプロス島で発見された世界最古の猫の埋葬

キプロス島にあるシロウロカンボス遺跡という遺跡の中から

生後8ヶ月ほどの幼いリビリアヤマネコ系の猫の埋葬跡

が発見されました。
こちらは現在のイエネコよりひと回りほど大きな種類ではあるが、現在のイエネコと同じように人と共に暮らしていた猫に近しい形をしておりました。
また、このリビリアヤマネコが現在のイエネコの祖先だとされております。
ただし、このリビリアヤマネコが現在のイエネコの祖先であるとされるような証拠等はまだ発見されておらず、そのためあくまでも定説とされているため注意が必要となります。
またこうした事から、このシロウロカンボス遺跡から発見された猫らしき動物の埋葬跡が現在世界最古の猫の埋葬跡とされております。
さらに、埋葬跡であると断言される理由として

猫の形が乱されていないことや亡くなってから直ぐに埋められている

と言った点と共に

亡くなった人のお墓の直ぐそばに埋葬をされていた

ことからこの亡くなった人と猫の間に何かしらの関係や因果があり、この亡くなった人のために猫が一緒に埋葬されたのではないかとされております。
ただし、なぜ猫がそばに埋葬されていたのかを示す文献や資料等はまだ発見されておらず、猫がどのような目的から人のそばで埋葬されていたのかは謎に包まれております。
そこに宗教的な意味があったのか、はたまた飼い主の意志からなのかは謎ですが、この時点ですでに猫が何かしらの形で人の生活に関わり、人の何かしらの目的で埋葬をされるような存在であったことは間違いありません。
こうしたことから、人は9500年前から猫と共に暮らしていたことが明らかとなりました。
以前は古代エジプトが世界最古とされておりましたが、実はそれよりも昔から人は猫を大切にしていたということが発見されたことは世界の歴史を大きく変える歴史的な発見となりました。

このように猫は大昔から人の暮らしに寄り添い大切な存在として共に生きてきたということは、猫好きからしたら嬉しい発見になるかと思います。
また、猫の埋葬については日本でも古くから猫の弔い方法として採用されており、明治昭和などの場合ではお家の庭に飼い猫のお墓を立てたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
現在でも猫の弔い方法として埋葬が真っ先に思い浮かぶ方も中にはいらっしゃるかと思います。
最後に、現代日本での猫の埋葬について簡単にご説明させていただこうと思います。

 

猫

 

日本での猫の埋葬について

以前の日本では庭付きの一軒家にお住いの方が多くいらっしゃった関係から、猫などの動物が亡くなった際には自宅のお庭に埋葬して弔うなどと言った葬送を行っている方も多くいらっしゃったように感じます。
しかし、現在の日本では人口の増加や都市開発などの影響から一軒家ではなくマンションやアパートなどに暮らす方や、一軒家であっても住宅街と呼ばれる一軒ずつが密接に立ち並ぶような形に変化してきております。
また、お庭が無いお家やお庭があったとしてもとても小さなお家がほとんどとなってまいりました。
そうした影響から昨今では

猫を庭に埋葬できない

と言った場合が多くございます。
また、古くからお住いの家の庭に今までであれば猫を埋葬していたが、土地の管理であったり跡継ぎ問題などの関係からそうした古いお家を手放すなどと言った場合も多くございます。
そうなりますと次にその土地に住む方への配慮として中々庭に猫を埋葬することが難しくなりつつあります。
このように昨今では猫を埋葬すると言った状況がとても難しくなっております。
そうした際に飼い主様がお悩みになることが、大切な愛猫を弔ってあげたいが埋葬以外の方法が分からないと言ったこととなるかと思います。
実際当店でもこのようなご相談をお承りすることは多々あります。
そうした際にご利用いただくと良いサービスが

ペット火葬

になります。
ペット火葬の利点としましては、人のようにご葬儀を行ったり猫の火葬を行うことが出来る事となり、こうした方法で猫を弔いたいという方はここ数年で急増しております。
また、遺骨を粉状の粉骨にして自宅の庭に撒くなどをすることが出来るため、以前のように自宅のお庭での供養も可能となります。
こうした事情から昨今では猫を埋葬して弔うと言った習慣から、猫を火葬して弔うと言った習慣に変化しつつあります。

 

猫

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
世界最古の猫の埋葬跡につきましてはまだ多くの謎が残っておりますが、こうした人と猫の繋がりを示す跡が発見されることは猫好きとして嬉しいことなのではないでしょうか?
また、世界最古の猫の埋葬跡があるキプロス島ですが沢山の猫が住むとても良い島となりますので、コロナウイルス蔓延がおさまった際には是非訪れてみてはいかがでしたでしょうか?
その他昨今では猫を埋葬することは地域や環境的な面からとても難しくなってきております。
ですので、猫を弔ってあげたいと言ったご希望をお持ちの場合には猫の火葬を一度お考えいただければと思います。
また、猫の火葬につきまして当店では24時間365日いつでもお承りしておりますので、猫の火葬についてのご相談・ご質問等がございましたらいつでもお電話くださいませ。

 

記事担当  阿部


 

*合わせて読みたい

 

店舗名 ペット火葬真愛メモリアル
所在地 〒333-0845
埼玉県川口市上青木西4-23-23ピュア上青木西102
フリ ーダイヤル 0120-15-9919
営業時間 24時間365日
ホームページURL
https://saitama-pet-memorial.com/


地域限定 インターネット特別割引実施中! 火葬割引2,000円OFF ◆川口市・蕨市・鳩ヶ谷市・草加市・戸田市にお住まいの方 ◆割引の併用は不可
topへ戻る
24時間365日いつでも受付しております!0120-15-9919