Blog | ブログ

コラム

お家で簡単に出来るペットの棺の作り方と副葬品について

大切なペットを亡くされた時、まずはじめに用意しなければならないのが

ペットを火葬するまでの間に安置するための「棺」

になります。

しかし、ご自宅に常に棺を用意している方はほとんどいないと思います。

そして、だからこそ、ご遺体の安置方法をどうしたら良いか分からずお困りの方が多いように感じます。

だからこそ、川口を中心にペットの送り人をさせていただいて良く耳にするのが

 

急にペットが亡くなってしまったため、ペットの棺等が手元にない。どうすればいい?」

「猫を火葬するときの棺は用意した方が良いの?」

「犬の火葬に好ましい棺はあるの?」

「そもそも、棺と一緒に火葬は出来るの?」

 

、棺に関する疑問になります。

 

ペットの死は突然やってきます。

そして、ペットの葬儀をするまでの間安置することはご遺体を傷まぬためには必須事項ですので、事前に棺を用意するというのは中々難しいことだと思います。

特に、ペットを失ってすぐはペットロスにより放心状態になってしまうことがほとんどです。

そう言った場合、急に棺を用意しなくては!となっても購入の方法や、到着までの期間などを考えるとより一層慌ててしまうこともあるかと思います。

 

しかし、愛する家族であるペットの最後のお別れはなるべく最善の形で行ってあげたいと思う飼い主様は多いと思います。

 

ご遺体の安置方法や簡易棺の作り方については以前
「ペットが亡くなったら?これだけ覚えていれば安心!3つのポイント」
こちらのコラムにてご紹介いたしましたが、

今回はもっと細かに、またペットの火葬事情と絡めて

 

「お家で出来るペットの簡易棺の作り方」

 

についてご紹介していこうと思います。

 

 

 

ペットの火葬と棺の関係について

 

ペット火葬をするにあたりよくご質問いただくのが

「ペットを段ボールに入れて安置をしているが良いでしょうか?」

と、いうものになります。

結論から申し上げますと、ペットを安置するための棺代わりに段ボールを使用する方は多く、段ボールで簡易棺を作るのがむしろ一般的になります。

しかし、段ボールは一緒に火葬出来ない場合が多いです。

なぜなら、ペットの火葬は専用の固定火葬炉または移動式火葬炉で行うことがほとんどになるからです。

その際使用する火葬炉は、ペットのサイズやお骨の硬さに合わせた物になるので、人の火葬炉より温度が低く設定されているからです。

そのため、ご遺体よりも火葬しにくい物に関しては黒くすすけて残ってしまったり、火葬の妨げになり火葬時間が伸びてしまったり、お骨にこびりついてしまったりと言った問題が発生する可能性がございます。

そして、段ボールに含まれている物質は上記のように火葬に適していない場合が多いので、火葬をすると愛する犬や猫のお骨に色がついてしまったり、黒くすすけて残ってしまう可能性などがあるため、段ボールは遺体の安置には向いていますが、火葬は出来ない事があるのです。

そのため、一般的に簡易棺として利用されている段ボール等とは一緒に火葬しないケースがほとんどとなります。

ただし、火葬社によっては専用の燃やすことの出来る棺や火葬炉を用意している場合がございますので、ご希望の場合はそのような場所を探すと良いでしょう。

また、インターネット上で「ペット 棺」と検索をするとこういった専用棺も購入可能となっておりますので、不測の事態に備えて購入しておくのも良いでしょう。

 

 

さらに、棺に入れての火葬を希望される場合には現在では「火葬可能な特殊段ボール製の棺」「ポリエステル・サテンといった燃えやすい化学製品を使用した棺やおくるみ」などがございますので、このような物を購入されると良いでしょう。

 

しかし、棺を一緒に火葬しない場合にはペットのサイズに合っているお箱であれば何でも棺としてご使用できます。

ですので、例えばお家にあるプラスチックのお箱や、装飾品の空き箱、可愛らしい絵柄の入ったお菓子のお箱、その他ハムスターなどの場合は外出用の小さな取って付きの籠なども棺として使用することができます。

また、そう言ったお箱に入れ安置されている方もいらっしゃいますので、必ずしも段ボールや専用の棺を用意しなければならないといったことはありません。

ペットの棺というのは「飼い主様が愛するペットをお見送りするために最後にできる愛の形」などと言った認識で、なおかつ「ペットのご遺体が傷まぬように冷やすための安置場所」ということが一番大事な用途となります。

ですので、ペットのお体を冷やしてゆっくり寝かせてあげられる場所であればよいのです。

ですから、犬や猫の場合にはサイズによってお箱をご用意するのが難しい場合があるかと思います。

その際には、ペットの火葬社が訪問するまでの間は人を安置するように、タオルや毛布等などをお布団代わりにし、その上に寝かせてあげる形を取るのも良いかと思います。

火葬の際やお引き取りの際にはペットを寝かせることができるバスケット等をご用意している火葬社もございますので、そういった安置方法をしていても問題ない場合がございます。

こちらは火葬社によってことなりますので、お電話にてご確認いただくのが良いかと思います。

また、ハムスターやインコ、モルモットなどの小動物の場合、手軽に購入可能な箱の例として手作りお菓子などを包装するための小さなお箱が可愛らしく、またサイズとしても丁度よいためおススメとなります。

その他、保冷を意識する場合であれば発泡スチロールのお箱がおすすめとなります。

火葬までお日にちがある場合には、お体を良く冷やす必要がありますが、その際に使用する保冷剤や氷等から結露が出来、段ボール等が濡れてしまう恐れがあるため、そう言った場合には紙類ではない発泡スチロールなどのお箱を使用するのが良いかと思います。

また、ペットのご遺体から体液などが漏れ出す場合もございますので、そう言った場合に備えておく必要もございます。

 

 

さらに、特別な思い入れから手作りの棺をお作りになる方もいらっしゃいます。

例えば、段ボール等を購入した後、そちらにビーズやレースなどで様々な装飾を施す方もいらっしゃいます。

また、棺自体もご自身で段ボール等を組み合わせてオリジナルの形を作る場合もあります。

他には段ボール等にお別れのメッセージを書き込む方もいらっしゃいます。

また、ペットの棺を手作りすることによって心の整理を付けるという効果もございます。

ですので、ペットとすぐに離れがたく火葬まで1日~2日お日にちを空ける場合には、愛するペットへの思い出や愛情をたくさん込めた棺を作ることも良いかと思います。

ただし、バスケットの利用や装飾品によって上記の通り火葬が出来ない場合がございますので、あくまでも「ご自宅で安置するための棺」という認識にするのが良いでしょう。

また、棺に関しては衛生面などの観点からペットの火葬が滞りなく終了いたしました後、なるべく早めに片付けましょう。

特に体液などがついてしまった場合には異臭や腐敗の原因となりますのでご注意くださいませ。

 

ペットの棺に関する注意事項は以上となります。

 

 

棺に入れる副葬品について

 

次に、ペットの棺の中に入れる副葬品についてのご説明をさせていただきます。

上記で説明した通り、ペットの火葬の際には棺を一緒に火葬しないケースが一般的になります。

そのため、一緒に火葬しないことを前提に棺の中には何を入れても基本的には問題ありません。

ただし、ご遺体に直接餌やおやつ等が付着してしまうのは場合によっては衛生面上あまりよくないこともございますので、出来る限りご遺体に直接触れないようにした方が良いでしょう。

ですので、餌など小分けになっていない物を入れる際にはジップロックなどの袋に詰めてから入れてあげることをおすすめします。

また、ペットのご遺体に直接触れた物の中には、ペットの遺体から出てしまった体液などが付着してしまう場合がございます。

しかし、思い出の品としてずっと手元に置いておきたいという場合には、衛生管理をしっかり行うことをおすすめします。

せっかくのペットとの思い出の品ですから、長く手元に置けるよう衛生面はなるべく気を付けるべきポイントとなります。

 

続きまして、副葬品を一緒に火葬したい場合についてのご説明をさせていただきます。

 

ペットの火葬の場合、一緒に火葬出来ないものとしてプラスチックなどの有害物質が発生してしまうものがございます。

その他、上記で説明した通りペット専用の火葬車両となりますので、火力やお骨を綺麗に火葬するなどの点からプラスチック類以外でも火葬出来ない物もございます。

また、人と同様に金属類などもお骨へや火葬炉に付着してしまう可能性があるため火葬は出来ません。

しかし、ペットの副葬品としてよくお持ちいただく物の中にはプラスチックのパッケージに入ったおやつ、プラスチックのおもちゃ、綿のぬいぐるみ類などがございます。

また、大きいタオルや毛布類、オムツなども一緒に火葬を希望される場合がございます。

しかし、プラスチック類や大きな布類などは火葬をしてしまうと、火葬の妨げになってしまったり、骨に付着してしまう可能性があり、また場合によっては煙の原因などになってしまうため、火葬出来ない場合が多いです。

特に火葬車での火葬の場合は、ペットのみを火葬するように設計されているためその他の物が火葬された場合に、本来ならば発生しない煙や臭いなどが発生してしまう可能性がございます。

ですので、そう言ったものは避けた方が良いかと思います。

また、おやつや餌などは少量であれば火葬可能な場合が多いです。

ただし、プラスチックではない小さな紙の入れ物等に入れていただくことが好ましいとされています。

 

 

では、その他は何を一緒に火葬しても良いのか?

 

それは人と同じように基本的にはお花やお手紙などが好ましいとされています。

ただし、茎の部分があまり長すぎると上記のようにお骨に付着してしまったり、お骨を変色させてしまう原因になるため、茎の部分は短めにするのが好ましいです。

しかし、ペットの場合お花にルールなどはないので可愛らしいお花をご霊前にお供えしてあげて、一緒に火葬をしてあげるのが良いでしょう。

その際に、茎などが気になる場合には花びらを散らしてあげる形を取ると良いでしょう。

火葬の際に副葬品などは入れてあげたくなるものだとは思いますが、それが原因でペットのお骨に問題が起こってしまうのは好ましくないことだと思います。

ですので、副葬品などについては火葬する前の棺の中にお供えしてあげて、火葬の際にはお手紙やお花など火葬の妨げにならない小さな火葬可能な物のみが良いかと思います。

また、入れてよいかどうか分からない物やどうしても入れたい物がある場合には、直接火葬社にご相談をするのも良いでしょう。

ペットの最後をより良い物にするためにも、副葬品などについて疑問に思うことがあればすぐに相談しましょう。

 

 

お家にあるもので出来る簡易棺の作り方

 

最後に、お家にあるもので実際に棺を作ってみたので、こちらをご参考に棺のご用意をしていただければ幸いです。

今回使用した段ボールはコーヒーなどの入っていた小さな段ボールとなりますので、サイズ的には猫、小型~柴犬程度の大きさを想定した棺となります。

もっと小さな子猫やハムスター、大きなシュナウザーやハスキーなどの場合にはそれぞれに合うお箱をご用意したり、お布団をご用意してください。

それでは、早速簡易棺の作り方をご紹介していこうと思います。

 

 

1、棺となる段ボールなどを用意する。
この時、段ボール以外であってもご遺体が収まるサイズのお箱であればなんでも問題ありません

 

矢印

 

 

 

2、ペットシーツを敷く
保冷材からの結露やご遺体からの体液などを吸収させるために必ずペットシーツを敷きましょう。また、不安な場合にはこの下にさらにビニールを敷いても良いでしょう。

 

矢印

 

 

 

3、保冷剤などの保冷用品を敷く

ご遺体は必ず冷やす必要がございます。亡くなってすぐであってもなるべく早く冷やしましょう。

保冷剤や氷、ドライアイスなど冷やせるものであればなんでもかまいません。

ただし、ドライアイスを使用する場合には直接触れないようになど、ご遺体を傷つけてしまったり事故に繋がらぬよう気を付けましょう。

また、氷を使用する場合にも水が漏れ出さぬよう気を付けましょう。

そして、保冷用品が溶けたらその都度交換しましょう。

ご遺体を冷やすことが一番大事なことになりますので、大切なペットのご遺体を傷ませぬようこまめに気を付けてあげましょう。

 

矢印

 

 

 

4、タオルやお布団などペットを寝かせることができる清潔な布を段ボールへ敷く

ペットのお布団となるような布を段ボールへ敷いてあげましょう。

衛生面などの問題からなるべく清潔な物を敷いてあげるとなお良いです。

 

矢印

 

5、ペットのご遺体をお布団の上へ寝かせる

この時、生前寝ていた時の姿のように手足を折り曲げ、丸くなるように背中を優しく曲げてあげましょう。

ただし、無理に折り曲げたりせず出来る限りにしてあげましょう。

また、頭の位置は少し高くなるように布を重ねたりなどをして枕代わりにし、寝かせてあげましょう。

 

矢印

 

 

 

6、保冷剤などの保冷用品を首やお腹、背中などに置く

体の下に敷いた保冷剤だけではご遺体が傷んでしまう可能性があるため、出来るだけ首やお腹、背中などにも保冷剤を置いてあげましょう。

これでは凍ってしまうのでは…と思うくらいしっかりと冷やしてあげることが好ましい安置方法となります。

特に火葬までに1日以上日にちが空く場合にはしっかりとお体を冷やしてあげましょう。

 

矢印

 

 

7、上からさらにお布団などでお体を包んであげましょう。

お気に入りだったお布団などをかけてあげると良いでしょう。

また、下に敷いたお布団に包むような形でも問題ありません。

 

矢印

 

 

8、副葬品などをご霊前にお供えしてあげましょう。
生前好きだったおやつやおもちゃなどを入れてあげましょう。

 

矢印

 

 

9、その他装飾や段ボールへメッセージなどを書いたりして、ペットへのありがとうを形にしてあげましょう。

ペットへありがとうの気持ちを込めて様々な装飾やメッセージを記載してあげるのも供養の方法の一つとなります。

また、周りをカラフルな紙や布等を張り付けて装飾する場合もあります。

ペットの事を思い出しながら良い棺を作ってあげましょう。

 

これで棺の完成です。

保冷用品に関しては、ご自宅にない場合はコンビニなどに売っている袋に入った氷などを購入するとよいでしょう。

コンビニであれば24時間購入可能なので不測の自体にも素早く対応が出来るため便利です。

その他、ご霊前にお供えする物にかんしては上記でご説明した通り直接触れないようにという注意点がございます。

また、基本的には一緒に火葬をしないということを前提に様々な思い出の品を入れてあげると良いでしょう。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

棺や副葬品については多くのご質問やご相談などをいただきましたので、このようにコラムにてご紹介してみました。

ペットを亡くしどうしたらよいかお困りの方などのお役に立てれば幸いです。

また、皆様の愛するペットがより良い最後を迎えられるようになればと思います。

 

その他、疑問点やご相談などがございましたらペット火葬真愛メモリアルまでお問い合わせくださいませ。

24時間365日お承り可能となっております。

また、ライン@でのお問い合わせも可能となっておりますので、こちらもご利用くださいませ。

合わせて、ペットの火葬も24時間365日お承りしております。

最短での出張可能地域は下記の通りとなっておりますのでご参考にしていただければ幸いです。

その他、記載されていない地域にも出張火葬可能ですのでお問い合わせくださいませ。

 

《出張地域》

 

埼玉県
川口市 さいたま市 戸田市 草加市 越谷市 春日部市 上尾市 蓮田市 所沢市 
新座市 朝霞市 富士見市 ふじみ野市 川越市 八潮市 三郷市 吉川市 志木市 
和光市 蕨市 松伏町 伊奈町 三芳町
東京都
北区 足立区 練馬区 豊島区 板橋区 葛飾区 台東区 新宿区 渋谷区
千葉県
流山市 松戸市 柏市 野田市

 

 

記事担当 阿部


店舗名 ペット火葬真愛メモリアル
所在地 〒333-0845
埼玉県川口市上青木西4-23-23ピュア上青木西102
フリ ーダイヤル 0120-15-9919
営業時間 24時間365日
ホームページURL
https://saitama-pet-memorial.com/


地域限定 インターネット特別割引実施中! 火葬割引2,000円OFF ◆川口市・蕨市・鳩ヶ谷市・草加市・戸田市にお住まいの方 ◆割引の併用は不可
topへ戻る
24時間365日いつでも受付しております!0120-15-9919