Blog | ブログ

ペット葬儀、ペット火葬
コラム

ペットの火葬・葬儀でなぜ亡くなったペットのご遺体を棺に入れることが少ないのか?徹底解説

 

はじめに

皆様はペットが亡くなった際の安置方法をご存知でしょうか?
大抵の場合、ペットが万が一亡くなったら?など生前から考えることが少なく、ペットが亡くなった際の安置方法についても生前からご存知の方は少ないように思います。
ですので、ペットが亡くなった時に「ペットが亡くなったら?」や「ペット亡くなった時 安置方法」などで検索をしたり、ペットの火葬・葬儀社のサイトをご覧になった時にそのサイト内にある「もしもペットが亡くなったら」に記載されている安置方法を見てペットの安置方法を初めて知る方もいらっしゃるかと思います。
もしくは、ペットの火葬・葬儀のご予約を取る際にペットの安置方法を一緒にご質問なさる方もいます。
そして、このように事前に準備をすることが少ない物ですから安置をする場所は大抵の場合、段ボールやおかしなどの缶・箱などご自宅に現在ありすぐに用意出来る箱の中に安置する事が多くございます。
また、そのようなお箱がない場合には生前愛用していたペット用のベッドなどに安置をされる方もいらっしゃいます。
このように、専用のペットの棺などを急なことでは用意することが出来ず、一般的には簡易的な棺として段ボールやおかしの缶・箱などを利用することが多くあります。
そして、このような棺代わりの箱のままペットをペット火葬・葬儀社へ預けたり、立会火葬を行う場所へと連れて行くことが一般的だとされています。
ですが、この棺代わりの箱をそのまま火葬することはとても少なく、大抵の場合にはその簡易棺からペットのご遺体を抱き上げ火葬台へとそのままお寝かせする形となります。

では、なぜこのように簡易棺とは言え棺代わりの箱を一緒に燃やすことが出来ないのか?

また、簡易棺ではなくペット専用の棺を用意してそちらへお寝かせし直すペット火葬・葬儀社がほとんどないのか?

今回はそんなペットの棺の謎についてご紹介していこうと思います。

 

ペット棺

 

1,ペットの棺について

まず初めに、ペットの棺の種類についてご紹介していこうと思います。
一般的に販売されているペットの棺は大抵の場合段ボール製の箱となっております。
また、ペットのご遺体から漏れ出す体液や保冷剤を入れたことによる結露などの液体が、外に溢れ出してしまうことを避けるために防水加工がなされているペット用の棺などもございます。
ですが、こちらも一般的には段ボール製の箱となっている場合が多いです。
さらに、こちらは組み立て式になっており注文して送られて来た際に少し驚く方もいらっしゃるかと思います。
特に初めは郵送しやすいようにと畳んだ状態で送られてくるため、見た目は畳んだ段ボールのような形になっております。
そして、組み立て方も普通の段ボールの箱とあまり変わらないため、とても手軽に組み立てることが出来ます。
この際に折り目などに気を付けて組み立てないと歪な折り目などがついてしまうのでご注意ください。
作り方などが箱の中に同封されている物やされていない物があるため、同封されていない場合には購入したサイトにある完成図を元に作成していくと良いでしょう。
また、購入できるサイトには「Amazon」や「楽天市場」などの有名なネットショッピングサイトがございますので、こうしたサイトから最短で購入を検討すればペットのご遺体が傷む前にきちんとしたペット専用の棺での安置が出来る場合もございます。
しかし、ペット専用の棺に入れたからと言って保冷剤などを入れなくて良いということにはなりませんので、ペット専用の棺に入れる前後でもしっかりと保冷剤などを使用してペットのご遺体を冷やしましょう。
段ボール製のペットの棺の具体例は下記の通りとなっており、こちらはAmazonにて購入可能な商品となっておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

 

また、この他にペットをお寝かせする棺代わりのバスケットなどもございます。
こちらは火葬をしやすい紙製の物や、やなぎなどの普通のバスケット素材を使用した物などございます。
バスケットに関しましては取っ手が付いているため、亡くなったペットをペット火葬・葬儀社へ連れて行く際にとても便利な形になっております。
さらに、白い布が付いたバスケットが多いため、棺などに寝かせるのはちょっと…という方で、出来る限りベッドのような物に寝かせてあげたいと言った方におすすめの棺となっております。
また、バスケット型の棺の例については下記の通りとなっております。
こちらもAmazonにて購入可能ですので、ご参考にしていただければと思います。

 

 

さらに、上記の他にもペットの火葬に適した素材を使用したおくるみなどもございます。
こちらもペットを安置するためのお布団代わりに使用することが出来るためとても便利です。
また、ペットの火葬に適した素材を使用しているため、ペットと一緒に火葬することが出来る棺をお探しの方にはオススメの棺となっております。
また、ペット火葬に適した素材を使用したペット用の棺に関しては、販売店舗などが限られていますので購入希望の際には必ず商品名や在庫の確認などをした方が良い場合がございますのでご注意ください。
ペット火葬に適した素材を利用したおくるみの例は下記の通りとなります。

 

 

ペット専用の棺のご紹介については以上となります。
続きまして、ペットのために用意した棺をなぜ一緒に火葬することが出来ないのか?についてご説明足します。

 

ペット火葬炉、中型犬火葬炉、大型犬火葬炉、小型犬火葬炉

 

 

2,ペットの棺とペットの火葬炉の関係

ペットのために用意した棺をせっかくならば一緒に火葬してあげたい。

棺に入れたペットを火葬台へ寝かせ直すのはあまりしたくない。

ペットの火葬を行う際にそのまま火葬台へ寝かせるのはかわいそう。

などと言った理由から、ペットを飼い主様がご用意した簡易棺に安置したままペット火葬をご希望される飼い主様がいらっしゃいます。
しかし、そうしたご希望を通してしまいますとペットの遺骨が傷んでしまったり、汚れてしまう原因に繋がる可能性がございます。
その理由は「ペット専用の火葬炉の温度」に原因がございます。
ペット専用の火葬炉はペットを火葬するために特化しているため、人の火葬炉と比べて温度が低く設定されていたり、こまめに温度の調節が出来るような工夫がなされています。
そのため、ハムスター・インコなどの極小動物、うさぎ・モルモットなどの小動物、猫・小型犬・中型犬・大型犬など幅広いサイズのペットの火葬を行うことが出来ます。
そうした幅広いサイズのペットを同じ火葬炉を利用して火葬し、お骨が綺麗に残るように温度を調節したりするため、ペット以外の物を火葬することに向いていないのです。
特に、段ボールはペットの火葬炉で火葬出来ない物の代表の一つになります。

段ボールは紙類だから燃えやすいんじゃないの?

と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は段ボールは燃えにくい素材なのです。
ですので、ペットの火葬炉の温度を800℃まで上げて段ボールを燃やした場合でも、段ボールが灰になって残ってしまい収骨が難しくなってしまうという実験結果がございます。
そのため、ペットの簡易的な棺として飼い主様がご用意なさってくださった段ボールをそのままペットと一緒に火葬することが出来ないのです。
もしも、一緒に火葬を行ってしまうと段ボールの灰がペットの遺骨を覆うようにして燃え残ってしまったり、紙の一部が遺骨に燃え付いてしまう可能性もございます。
そうした汚れが遺骨についてしまいますと、収骨の妨げとなるとともに収骨を行う際にお骨を収骨しきれなくなる可能性もございます。
ですので、ペットの火葬・葬儀社では飼い主様がご用意した段ボールのお箱から抱き上げて、火葬台へと直接お寝かせする形を取っているのです。
それが一番ペットにとっても飼い主様にとっても良い火葬を行える形となるため、そのような形でのペット火葬を行っているのですが、中には上記でご紹介したようなペット専用の棺と書かれている段ボール製の棺ならば大丈夫なのではないか?と言ったことをご質問いただくのですが、こちらも大抵の場合は普通の段ボール製のためペットと一緒に火葬することは出来ません。
また、その他に人の棺桶と同じ木製の棺ならば人の火葬炉で燃やすことが出来るのだから、ペットの火葬炉でも燃やすことができるのではないかとご質問いただくのですが、こちらも火葬することは出来ません。
なぜならば、木もまた火葬の妨げとなり異常燃焼を起こしてしまう原因ともなりかねないからです。
さらに、木製の棺桶の場合釘などの金属類が繋ぎとして使用されている場合があり、そうした物はペットの火葬炉では燃やすことが出来ず燃え残りとなってしまうからです。
また、燃え残りとして残ってしまうことはもちろんのこと、最悪の場合溶けてペット専用の火葬炉の中に付着してしまったり、ペットの遺骨に付着してしまうなどの恐れがあるため、こうした金属類が使われている木製の棺桶はペットと一緒に火葬するには適していない物となります。
ですので、どうしてもペットと共に棺を火葬したい場合にはペットと一緒に火葬することが出来るサテン生地などを利用した棺やおくりみを探して購入する必要がございます。
ただし、こちらに関してもペットの火葬・葬儀社によっては一緒に火葬することをおススメしない場合がございます。
特におくるみなどに包んだままの状態での火葬をおススメしない場合があります。
理由としましては、おくるみや棺の中に本当は燃やすことが出来ないプラスチック類などが入っていた場合など、中を確認しなければ気づくことが難しくそうした物が原因でペットの遺骨が汚れてしまったり、傷ついてしまったり、火葬炉から有害物質が発生してしまうなどの恐れがあるからです。
特に多いのが、ペットのおやつを持たせてあげる際にパッケージされたまま入れてしまう方がいますが、こうしたプラスチックの部分が溶けて燃え切ることなく遺骨に付着してしまったり、本来発生しない異臭や煙などの発生に繋がる可能性があります。
さらに、ペットを安置する際に入れていた保冷剤を出し忘れていたなどの場合には異常燃焼などの原因ともなりますので、そうしたリスクを避けるためにペットを棺に入れず直接火葬台へお寝かせしてから、火葬業者がしっかり確認が取れる状態で副葬品を亡くなったペットの周りにお供えして頂くという形を取っている場合もございます。
こうした飼い主様にとってはなぜダメなの?と思われることでも、実はペットや飼い主様を思いより良いペット火葬を行うためにお断りしている場合もあるため、なぜダメなのか?と疑問に感じましたら直接ペット火葬・葬儀社へ質問をするのも良いでしょう。
そして、最後にペットの火葬を行う時に一緒に火葬出来る物、出来ない物についてご紹介していこうと思います。

 

可能、不可能

 

3,ペットの火葬炉で燃やせる物・燃やせない物

ペットの火葬炉で燃やせない物として先ほどご紹介しました段ボール類がございます。
その他ペットの火葬炉で燃やすことが出来ない物は下記の通りとなっております。

 

ペットの火葬炉で燃やすことができない物
・プラスチック類
・金属類
・ガラス類
・タオル類
・布団類
・化学繊維を使用した衣服類
・段ボール類
・ぬいぐるみ
・首輪・リード
・果物類(水分が多いため)
・おもちゃ(素材や大きさによっては可能な物も有り)

 

以上となります。
一般的に不燃物として扱われる物は大抵燃やすことが出来ないと考えていただけると分かりやすいかと思います。
また、不燃物ではない物でも大きさや強度によって燃えにくい物もあり、そうした物はペットの火葬炉では燃やすことが出来ません。
特に、お布団などは燃やすことが出来ないため注意が必要です。
ペットの火葬を行うに辺り、ペットだけを火葬台へとお寝かせすることが多いのはこうした理由がございます。
特に、ペットが生前愛用していたお布団やぬいぐるみと一緒に火葬をご希望される方は多くいらっしゃいますが、こちらを一緒に火葬してしまいますと異常燃焼の原因や燃えた際の灰で遺骨が汚れてしまったり傷んでしまう原因となりますので、基本的にはこうした大きい布製品や密度のある布製品は一緒に火葬することをお断りしております。
同じ理由で首輪やリードなども一緒に火葬することが出来ません。
また、果物など水分が多い食品に関しても火葬を行う妨げとなるため、副葬品として一緒に火葬をするのに適していないとされております。
では、どう言った物が一緒に火葬することが出来るのか?次にご紹介いたします。

 

ペットの火葬炉で燃やすことが出来る物
・ドライフードなどのフード類
・おやつ類(袋から出すことをおススメします)
・お花(小ぶりのお花がおススメです)
・お手紙
・写真

 

以上となります。
ただし、おやつやフード類に関しましてはパッケージされたままの状態ではなく、パッケージなどから出した物をそのままもしくは紙の小皿等に置いてご霊前にお供えするような形を取りましょう。
また、お花に関しましても大きな物は火葬の妨げとなりますので、小さなお花を何輪かお供えする程度にとどめておくことをおススメします。
例えば、茎の長い物に関しては短く切り、大きな花に関しては花びらを何枚か散らす程度にしなければ火葬の妨げとなると共に燃えた一部が遺骨に付着する恐れがございます。
また、同様の理由から色の濃いお花も避けた方が良いと言われております。
ペットの遺骨を綺麗に残すためにも、お花は数輪お体の周りに散らす程度にしましょう。
その他、お手紙や写真に関しては燃やすことが出来る物となりますのでご安心してご霊前にお供えしてくださいませ。
以上がペットの火葬炉で燃やすことが出来ない物、燃やすことが出来る物とその注意内容となります。

 

猫

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
なぜペットのために用意した棺が燃やせないのか疑問に感じていた飼い主様も多くいらっしゃったのではないでしょうか?
そうした方の疑問が解決すればと思い今回はこのようなことをご紹介いたしました。
他にも何かペットの火葬・葬儀についてのちょっとした疑問やお悩みなどございましたら、いつでもお問い合わせくださいませ。
埼玉県川口市に店舗を構えております、真愛メモリアルでは24時間365日お電話やライン@でのお問合せ・出張火葬のご予約をお承りしております。
その他、ちょっとしたお悩みやご相談事などもお承りしておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。
また、店舗にて直接ご相談いただくことも可能となっております。
住所など詳細については当店コラム最下部をご覧くださいませ。
皆様からのお問合せお待ちしております。

 

記事担当  阿部


 

*合わせて読みたい

 

店舗名 ペット火葬真愛メモリアル
所在地 〒333-0845
埼玉県川口市上青木西4-23-23ピュア上青木西102
フリ ーダイヤル 0120-15-9919
営業時間 24時間365日
ホームページURL
https://saitama-pet-memorial.com/


地域限定 インターネット特別割引実施中! 火葬割引2,000円OFF ◆川口市・蕨市・鳩ヶ谷市・草加市・戸田市にお住まいの方 ◆割引の併用は不可
topへ戻る
24時間365日いつでも受付しております!0120-15-9919